出展をご検討中の方へ

ファッション ワールド 東京への出展メリットなどをご案内します

出展のご案内 > 出展をご検討中の方へ

出展社が増え続けている理由 その1

商談・受注を目指す展示会です

本展は、PRのためのイベントではなく「商談・受注」を目的とした展示会です。
このため、出展各社のブース内には、商談のための「テーブルとイス」を1セット以上おいていただくことを徹底しています。
その結果、出展社は来場者とじっくり商談することができ、大きな成果を上げていただいています。

過去出展企業の成果(アンケートより抜粋)

商談席をブース内に用意し、座って商談。10件以上の顧客から400万円以上の受注見込み。次回秋展も出展する。

キャリア・エレガンスウェア
(株)ジオン商事

受注金額は4,000万円以上。百貨店や大手TV・WEB・カタログ通販と具体的な商談ができた。

日本製シューズ
(株)ワン・イレブン

セレクトショップや海外小売店と商談し、1,800万円以上の受注見込み。予想を大幅に超える数のバイヤーがブースに来場し、多くの商談ができたので満足している。

リュック
BAG SMART

会期中に、200名がブース訪問。 大手アパレル、スポーツメーカーなどから、5~6件の具体的な引合い。 金額はまだわからないが、決まれば相当額の受注見込み。

ミセスウェア
(株)シバタ

出展社が増え続けている理由 その2

新規客の開拓に最適です

次回 春秋ともに25,000名(国内:23,000名海外2,000名)の来場者を勧誘します。

本展では、圧倒的な数の来場者を集め、出展社の成果サポートに努めます。 出展いただくことで、新規取引先の開拓や通常の営業活動が
何倍も効果的になります。

2018年 春展来場企業

セレクトショップ・ブティック

・URBAN RESEARCH

・BEAMS

・BEAMS CREATIVE

・NANO UNIVERSE

・UNITED ARROWS

・BAYCREW'S GROUP

・TOMORROW LAND

・NICE CLAUP

・The SAZABY LEAGUE

・NOLLEY'S

・SHIPS

・BARNEYS JAPAN

・(株)レリアン

・(株)パル

・(株)バーニッシュカンパニー

・トップウィンジャパン(株)

・(株)インターナカツ

・(株)ジュン

・(株)銀座マギー

・(株)上野商会

百貨店・ファッションビル

・(株)三越伊勢丹

・(株)阪急阪神百貨店

・(株)そごう・西武

・(株)東武百貨店

・(株)髙島屋

・(株)天満屋

・(株)名鉄百貨店

・(株)大丸松坂屋百貨店

・(株)小田急百貨店

・(株)山陽百貨店

・(株)ラフォーレ原宿

・(株)ルミネ

・(株)東急モールズデベロップメント

・(株)丸井

・(株)松屋

・(株)パルコ

・Hyundai Department Store(韓国)

・LOTTE DEPARTMENT STORE(韓国)

・Nanjing xinjiekou department store(中国)

・Jing-Jan Retail Business(台湾)

アパレルメーカー・SPA

・(株)オンワード樫山

・(株)オンワードホールディングス

・(株)ワールド

・(株)レナウン

・(株)カイタックファミリー

・(株)三陽商会

・(株)フランドル

・(株)ユニクロ

・(株)ハニーズホールディングス

・(株)アダストリア

・(株)エドウイン

・(株)サマンサタバサジャパンリミテッド

・(株)アバハウスインターナショナル

・(株)イーストボーイ

・(株)ボンマックス

・(株)ワコール

・(株)ゴールドウイン

・(株)ストライプインターナショナル

・(株)ラコステジャパン

・(株)デサント

・イトキン(株)

・(株)メンズ・ビギ

・(株)ルックホールディングス

・ラルフローレン(株)

・ドルチェ&ガッバーナジャパン

靴店・靴卸

・ダイアナ(株)

・神戸レザークロス(株)

・ヒラキ(株)


・(株)銀座ヨシノヤ


・(株)卑弥呼

・(株)リーガルコーポレーション

・アキレス(株)

・東邦レマック(株)

・(株)ワシントン靴店

・(株)オギツ

・(株)楽歩堂

・アサヒシューズ(株)

・(株)チヨダ

・(株)ワールドフットウェアー

・(株)ジーフット

通販・関連小売

・カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)

・(株)ロフト

・(株)東急ハンズ

・(株)千趣会

・(株)オリエンタルランド

・ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)

・(株)サンリオ

・楽天(株)

・ヤフー(株)

・ジュピターショップチャンネル(株)

・アマゾンジャパン 合同会社

・(株)ニッセン

・(株)チヨダ

・(株)QVCジャパン

・(株)バゲージハンドラーズ

・(株)ピーチ・ジョン

・(株)ディノス・セシール

・イオンドットコム(株)

来場者数集計についての原則

「水増し無し」の憲法

来場者数発表の基本理念

  1. 来場者数の水増しをせず、正直に発表します。これは出展企業に対する義務であると考えます。
  2. 数字の水増しは、見本市の内容の偽装であり、出展企業に対する詐欺行為であると考えます。
  3. 見本市の終了直後に、来場者数だけでなく、「集計方法」も厳密に文書で発表します。

数え方の三大原則

  1. 会場に来場し、登録の際に受付で提出された名刺1枚を、1名と数えます。
  2. 一度登録した人が会期中に何度来場しても、1名としてしか数えません。
  3. 出入口を通過するたびに集計機械などで数える方法は、実質上の水増しと見なします。したがって、そのような集計方法は採用しません。

まずは資料をご請求ください

以下の資料を無料でお送りします。

前回 来場者リスト/前回 出展企業一覧/会場レイアウト図/出展費用 見積り/ブース装飾プラン…など